ピアスの歴史:
古代から現代まで


ピアスはジュエリーの最も古い形式の 1 つであり、その使用の証拠は世界中の古代文化にまで遡ることができます。

何千年もの間愛されてきたジュエリーの形として、男性と女性の耳を飾ることは、古代文明から現代に至るまで人気がありました。

シンプルな金属フープとしてのささやかな始まりから、複雑なデザインの芸術作品への進化に至るまで、ピアスの歴史と起源は豊かで魅力的です。

この記事では、既知のピアスの歴史を徹底的に掘り下げ、その起源、文化的重要性、時代を経た進化を探ります。

あなたがジュエリー愛好家であっても、単にこの時代を超越したアクセサリーの背後にある物語に興味があるだけでも、ピアスの歴史を辿る旅に参加して、これらの象徴的なジュエリーについて知っておくべきことをすべて発見してください。

紀元前 10,000 ~ 2,500 年:ピアスの誕生

ピアスは世界のさまざまな地域で独自に開発された可能性が高いため、正確な起源を特定することは困難です。

しかし、それらが何千年もの間宝飾品として使用され、世界中の文化で重要な役割を果たしてきたことは明らかです。

初期の証拠

ピアスの使用は数千年前に遡り、考古学的証拠は、ピアスが新石器時代にはすでに人間によって着用されていたことを示唆しています。

しかし、紀元前 2500 年以前には、ピアスは後に普及するほど一般的ではありませんでした。

ファーストピアスはおそらく骨、貝殻、金属などの単純な素材で作られ、ステータスや精神的な意味を象徴するために着用されました。

プアビ女王の墓

メソポタミア人は歴史上最も初期の文明の 1 つであり、彼らのピアスの使用は古代の芸術や文学に記録されています。ピアスはメソポタミア人の間で人気のある宝石の形であり、富と地位の象徴としてよく着用されました。

メソポタミアのピアスの最も有名な例の 1 つは、現在のイラクにあるウルの王立墓地で発見された、 ウルの女王であるプアビ (当初はシュバド) が着用していた一対の金のフープです。これらのピアスは、紀元前 2600 ~ 2450 年頃の初期王朝時代に遡り、金で作られていました。プアビ女王の金のフープは、これまでに発見された最古のピアスです。

プアビ女王のピアス

プアビ女王のピアスは紀元前 2600 ~ 2450 年に遡り、現在のイラクにあるウルの王家の墓で発見されました。写真提供:ペン博物館

メソポタミアのピアスは、美的な魅力に加えて、精神的な意味も持っていたようです。一部の文化では、ピアスは着用者を悪霊から守ると信じられていましたが、他の文化では、特定の社会集団や部族の一員であることを示すために使用されていました。メソポタミアにおけるピアスの使用は、この古代文明の文化的および芸術的成果を垣間見ることができます。

アイスマンのエッツィ

ピアスの最も初期の例の 1 つは、5,000 年以上前に生きていた氷人エッツィのミイラ化した遺体の発見に由来しています。

アイスマンのエッツィ

南チロル考古学博物館にあるアイスマンのエッツィの自然にミイラ化した遺体。

興味深いことに、エッツィの体には60以上の入れ墨があったことに加えて、耳たぶには直径7~10ミリほどのピアス穴が開いていたが、これはおそらく木、骨、または金属で作られた耳栓を使用して開けられたものと思われる。ブロンズなど。

エッツィのピアスがあり、伸びた耳には、ピアスが古代に美的および文化的理由の両方で着用されていた可能性があることが示唆されています。

初期の頃から今日まで

紀元前 2500 年以前のピアスの使用については十分に文書化されていませんが、エッツィのピアスと女王プアビのピアスの発見は、この時代を超越したアクセサリーの歴史についての貴重な洞察を提供します。

歴史を通じてピアスの進化を探ると、その控えめな始まりから今日見られる美しいデザインの作品に至るまで、このユニークな形のジュエリーの発展をたどることができます。

ここでは、紀元前 10,000 ~ 2,500 年の時代の最も初期の既知のピアスのデザインにインスピレーションを得た、現代の人気のピアスをいくつか紹介します。

紀元前2200~1200年:古代エジプトのピアス

古代エジプト人は宝石好きで知られており、紀元前 2200 ~ 1200 年の時代にはピアスは重要なアクセサリーでした。

象形文字と文化に関する現在の理解に基づいて、古代エジプトの人々は宝石の魔法の力を深く信じていました。宝石の保護、癒し、幸運が広く信じられていたため、貧しい人から裕福な人まで、ほぼすべての人がお守りや宝石を身に着けていました。

さらに、古代エジプトにおけるピアスの使用とアクセサリーとしての重要性についての洞察を提供する考古学的発見からの証拠が豊富にあります。

ツタンカーメン王とネフェルティティ王妃

古代エジプトの最も有名なファラオであるツタンカーメン王にはピアスがありませんでした。その代わり、耳たぶに小さなくぼみがあったことから、幼少期にピアスをつけていたと考えられている。これは、ピアスが古代エジプトで、特に王族や裕福な若者の間で人気のあるオプションであったことを示唆しています。

ツタンカーメン王の妻、ネフェルティティ王妃は、両耳に2つのピアスをしていたと考えられています。これらのピアスはおそらく金や宝石で作られており、彼女の地位と美しさの象徴でした。

調査結果は、単純化されたフープのようなデザインを示しています

エジプトでの考古学的発掘と発見により、かなりの数のピアスが発掘され、この古代文明のファッションとスタイルについての貴重な洞察が得られます。これらのピアスの多くは墓で発見されており、葬儀の服装や儀式の実践におけるピアスの重要性を示しています。

紀元前 1600 年頃の古代エジプトのフープ ピアス 4 点

新王国時代の始まり、紀元前 1550 ~ 1425 年に遡る 4 つの古代エジプトのフープ ピアス。ちなみに、最大のピアス (右) の内径は 5 cm、最小のピアス (左) の内径は 0.9 cm です。

古代エジプトの墓で見つかったピアスは、多くの場合、非常にミニマルなデザインで、半環状および環状のフープの使用が強調されていますが、発見されたものには、シンプルなスタッドや、象徴的な構造を備えた精巧な垂れ下がったピアスも含まれています。それらは多くの場合、墓に埋葬された個人の富と地位を反映して、金、銀、その他の貴重な素材で作られていました。

紀元前 1600 年頃の古代エジプトのフープ ピアス 4 点

第 18 王朝 (紀元前 1500 年頃) のアフメス・トトメス 3 世の治世から残る半環状の耳飾り。

古代エジプトの墓で発見されたピアスの膨大な数と種類は、それらが着用者によって非常に価値があり、大切にされていたことを示唆しています。それらは過去との具体的なつながりを提供し、この古代文明の複雑な文化的慣習と信念に光を当てます。

古代エジプトのファラオのピアス デザインのファッションを自分のスタイルに取り入れ、紀元前 2200 ~ 1200 年の時代からインスピレーションを得てください。

ゴールドのチャンキーハギーフープピアス

ゴールドの分厚いハギーフープ – €87.95 EUR

ワイドゴールドハギーフープピアス

幅広のゴールドのハギーフープ – €89.95 EUR

紫色のビーズのゴールドフープ

パープルビーズのゴールドフープ – €74.95 EUR

大きくて薄いゴールドのフープ

大きな薄いゴールドのフープ – €59.95 EUR

紀元前 1100 年から西暦 50 年:古代ギリシャとローマはどのようにして複雑なピアスのデザインを好んだのか

ピアスは古代ギリシャやローマのジュエリーの重要な部分であり、社会的地位と美の象徴として機能しました。

男性も女性もピアスやジュエリーを身につけていましたが、美と女神との結びつきから、ジュエリーは主に女性が利用するようになりました。実際、ジュエリーは女性的なものであるため、男性にはふさわしくないと多くの人が信じていました。

古代ギリシャに遡る発掘された宝飾品が示唆するように、ほとんどのピアスは以前に見られたものよりも複雑で洗練されたデザインを特徴としていました。

紀元前600年から紀元前400年頃の古代ギリシャのピアス

紀元前 600 ~ 400 年の古代ギリシャの古典時代とヘレニズム時代の詳細なピアス。コンテキストとして、最大のピアス (右) の長さは 5 cm、最小 (左) のサイズは 2.4 cm です。

社会的地位とファッション

古代ギリシャとローマを通じて、ピアスはファッションと社会的地位の世界で特別な位置を占めていました。それらはその美しさで高く評価されており、多くの場合、金、銀、青銅などの貴金属で作られていました。特に女性は、 ヘアスタイルや服装を引き立たせるために作成された多くの複雑でエレガントなデザインのピアスの着用を受け入れました。

古代ギリシャの複雑な金のライオンのピアス。紀元前300年

ギリシャ古典時代またはヘレニズム時代の複雑な 1.9 cm のライオン ヘッド フープ。紀元前300年。

古代ギリシャやローマの多くの女性にとって、身に着けているピアスの種類は社会的地位を示す重要な指標でした。最も裕福で最も影響力のある女性は、宝石や宝石で飾られた精巧で華やかなピアスを着用することがよくありました。逆に、よりシンプルで控えめなピアスは、地位の低い女性によって着用され、裕福な女性と自分自身を区別する方法として機能しました。

古代ギリシャの金の三日月形のピアス

ゴールドとシルバーをミックスした2.9cmの三日月型ピアス。古典ギリシャ時代、約紀元前400年。

文化的および宗教的重要性

古代ギリシャやローマのピアスは、単なる個人的な装飾品ではなく、文化的価値観や信念を反映するものでもありました。

紀元前500年の古代ギリシャのピアス

東ギリシャ産のローブとロゼットが付いた小さな1.6cmのエレクトラムピアス。古期、紀元前 500 年。

ギリシャでは、ピアスは女神アフロディーテへの捧げものを象徴する宗教儀式の際によく着用されましたが、ローマではピアスが悪霊から身を守り、健康を促進すると信じられていました。

ピアスはアクセサリーとして、古代ギリシャやローマの文化やファッションにおいて重要な役割を果たしました。ネックレス、ブレスレット、指輪などの他のジュエリーと組み合わせて、統一感のあるスタイリッシュな外観を作り出すことがよくありました。今日でもピアスを着用する伝統は続いており、古代ギリシャやローマの華やかで複雑なスタイルにインスピレーションを得た多くのモダンなデザインが生まれています。

紀元前 1200 年から西暦 50 年までの古代ギリシャのデザインにインスピレーションを得た、現在のピアスをご覧ください。

金の蛇の抱擁

ゴールドのスネークハグ – €57.95 EUR

シルバーのトリプルツイストフープ

シルバー トリプル ツイスト フープ – €74.95 EUR

ゴールドホワイトジェイドフープピアス

ゴールド&ホワイトジェイドフープ – €154.95 EUR

大きな赤い楕円形のストーンドロップピアス

大きな赤い楕円形のストーンドロップピアス – €146.95 EUR

西暦 400 ~ 1300 年:中世におけるピアスの人気の崩壊

ピアスに使用されるデザインと素材は、中世に大幅に進歩しました。ピアスは多くの場合、当時の職人技と創造性を反映して、複雑で華やかなものでした。

デザインの発展にもかかわらず、ピアスの使用は、中世のヨーロッパなどの一部の地域で人気が低下しました。この減少は、ファッションの変化、宗教的および文化的影響、経済的要因など、さまざまな要因に起因すると考えられます。

世界の一部の地域では衰退しましたが、ピアスは多くの人々にとって重要なアクセサリーであり続けました。

中世ヨーロッパのピアス

中世のヨーロッパでは、ベールやフードで髪を隠すことへの期待など、ファッションの変化により、ピアスの使用は女性の間で人気が低下しました。

しかし、ピアスは社会的地位や文化の影響に応じてデザインや素材が変化し、一部の人々によって着用され続けました。

中世のイタリアのピアス。西暦500年

中世イタリアのゴールド製ピアス。ビザンチンまたは言語バルド時代西暦500年。参考までに、最大のピアス (右) の長さは 4.5 cm です。

貴族や王族は貴金属や宝石で作られた精巧なピアスを着用することがよくありましたが、庶民は真鍮やピューターなどの安価な素材で作られたシンプルなデザインのピアスを着用していました。ピアスは宗教的および政治的所属の象徴としても使用され、一部のキリスト教団体はピアスの使用を禁止していました。

ヨーロッパでは一般的に人気が低下しているにもかかわらず、ピアスは一部の地域、特にスペインとイタリアでは依然として重要なアクセサリーであり続けました。

イスラム世界のピアス

ピアスは中世のイスラム世界で広く着用され、高く評価されていました。それらは、特に女性にとって、宗教的および文化的重要性を持っており、結婚していることの証として、または日常の服装の一部として着用することがよくありました。

1000年前に遡るイラン中部のピアス

フィリグリーと淡い石をあしらった金線で作られたイランのピアス。西暦1100年頃。

現在のトレンドと同様に、中世のイスラム世界のピアスは、多くの場合、各耳に一致または補完するデザインで、ペアで着用するように設計されていました。

中世のイスラム世界におけるピアスの人気は、社会的地位、富、個人的な好みを表現する手段として見られることが多かったジュエリーやその他のアクセサリーの幅広い使用にも反映されています。

アジアの優位性

当時アジアは宝飾品の最前線にあり、ピアスは中世のアジア全域で著名なファッション アクセサリーでした。

中国や日本でも、ピアスは地位と繁栄の象徴として着用されていました。裕福な人々は、翡翠やその他の貴重な素材で作られた精巧なピアスで身を飾り、伝統的な京劇の衣装には、演者の役割を反映する複雑なピアスのデザインが特徴であることがよくありました。

中世韓国のピアス

長さ10.5cmの中世韓国のゴールド製ピアスです。 6世紀、三国時代。

中世では韓国が最も先進的なピアスのデザインを持っていたようです。韓国では男性も女性もピアスを着用しており、そのデザインは当時の芸術的および文化的運動の影響を受けていました。

中世の韓国のピアスは主に裕福な人々や貴族によって着用されており、多くの場合貴金属で作られ、そのデザインには葉が繰り返し描かれていました。

中世のデザインからインスピレーションを得たピアスをご覧ください。

ゴールドパープルモザイクドロップフープ

ゴールドパープルモザイクドロップ – €77.95 EUR

シルバー フェザー ドロップ ピアス

シルバー フェザー ドロップ ピアス – €44.95 EUR

ゴールド中世クリスタルクロスピアス

ゴールド中世クリスタルクロスピアス – €89.95 EUR

シルバー ミニ クリスタル サン フープ

シルバー ミニ クリスタル フープ – 47.95 ユーロ

1400~1600年:ルネッサンス時代の裕福な人々がピアスを持ち帰った

ルネサンスは、芸術、文学、文化の世界における大きな変化と発展の時代であり、古典的な形式への新たな関心と人間の可能性の称賛を特徴としていました。この時代は、ファッションやピアスなどのジュエリーの世界にも大きな影響を与えました。

ピアスは、当時のファッションの優雅さと洗練さ、着用者の社会的地位や個人的な好みを表現する上で重要な役割を果たしました。

ルネッサンスのジュエリーとピアスの歴史は、職人やデザイナーが技術と形式の限界を押し広げ、まばゆい芸術作品を生み出した革新と実験の物語でもあります。

ヨーロッパ美術におけるピアスの普及

ルネサンス美術では、複雑で装飾的なピアスを身に着けている女性がよく描かれており、通常、前の時代に着けられていたピアスよりも大きく、より派手でした。

1565年から1570年にかけてキャンバスに描かれたイタリアの油絵

ロレンツォ・ロットによるキャンバス上のイタリアの油彩画をトリミングしました。 1565~1570年。

ルネッサンス時代のヨーロッパの女性にとって、ピアスは単なる装飾アクセサリーではなく、美しさ、富、社会的地位の象徴として見られていました。

1520 年にキャンバスに描かれたイタリアの油彩画

ティツィアーノによるキャンバス上のイタリアの油絵をトリミングしました。 1520年。

あらゆる背景の女性が、入手可能な最高級で最もファッショナブルなピアスで自分自身を飾ろうとしました。大きくて複雑なデザインは高い地位と美しさを伴うため、多くの女性がピアスなどのジュエリーにこれまで以上に多くの時間とリソースを費やしました。

16 世紀のインドのユニークなジュエリー スタイル

1400 年から 1600 年にかけて、インドではムガル文化がファッションとジュエリーに大きな影響を与えました。

インドでは、ピアスは男性と女性の両方が着用する最も重要なアクセサリーの1つでした。この時代のインディアンのピアスは大きくて華やかなものが多く、複雑なデザインが特徴でした。

16世紀のインドの金のピアス

16 世紀のインドで作られた、複雑な 5 x 1.7 cm のゴールド ピアス。

インド北部では、ジュムカが特に人気がありました。ジュムカ ピアスの起源は紀元前 300 年まで遡りますが、このデザインが実際に普及し始めたのは 1400 年になってからです。これらは、真珠やビーズがぶら下がっていることが多いベル型のピアスでした。これらは通常、サリーやサルワール・カミーズなどの伝統的なインドの衣装を着た女性によって着用されました。

15 世紀から 17 世紀にかけてインドやヨーロッパのピアスに使用されていた複雑なデザインは、今日に至るまで現代のジュエリー デザイナーにインスピレーションを与え続けています。

ルネッサンスのファンにとって、これらのピアスは 16 世紀からインスピレーションを得ており、現在入手可能です。

1700 ~ 1899 年:ピアスの幅広いトレンドが世界化

ルネッサンス期の技術革新に導かれ、1700 年から 1899 年にかけても、ピアスは富と地位の象徴として一般的に着用され続けました。デザインもルネッサンスの影響を強く受けており、多くの場合貴金属で作られ、ダイヤモンド、ルビー、真珠などの貴重な宝石で飾られています。

過去数世紀とは異なり、18 ~ 19 世紀のピアスは男性と女性の両方に人気があり、ペアで着用されることがよくありました。

大きくて重いものから小さくて繊細なものまで

18 世紀のピアスは大きくて重いものが多く、フープ、ドロップ、シャンデリアなどのデザインが使われていました。

1830 年にアメジストのドロップと装飾が施されたゴールド ピアスのペア

アメジストのドロップと装飾が施された長さ 4.4 cm のゴールド ドロップ ピアス。 1830年。

19 世紀になってもピアスの人気は高まり続け、エナメルやガラスなどの新しい素材がデザインに取り入れられました。ピアスの使用もより広く普及し、もはや上流階級だけのものではなく、あらゆる階層の人々が着用するようになりました。

19 世紀後半には、ピアスの使用はより控えめになり、より着用しやすい、より小さくて繊細なデザインが採用されました。これはファッションの変化による部分もありましたが、謙虚さと抑制に対する態度の変化も反映していました。

1880年代アメリカのゴールドピアス。

1880 年代のアメリカのジェット (褐炭) 宝石から作られた小さなピアス。

世界中で多くの文化衝突や戦争があったにもかかわらず、ピアスは 1700 年から 1899 年の期間を通してジュエリーの人気の形であり続け、変化するファッション トレンドや文化的影響に合わせて進化し続けました。

本格的な 19 世紀の雰囲気をスタイルに取り入れるために、今日から使えるピアスをいくつかご紹介します。

ゴールドパープルクリスタルハギーティアドロップピアス

ゴールドパープルクリスタルハギーティアドロップピアス – €59.95 EUR

ブルークリスタルパヴェフラワースタッズ

ブルークリスタルパヴェフラワースタッド – €108.95 EUR

シルバー ティアドロップ クリスタル スレッダー ピアス

シルバー ティアドロップ クリスタル スレッダー ピアス – €54.95 EUR

ピンククリスタルフラワースタッズ

ピンククリスタルフローラルスタッド – €54.95 EUR

1900 ~ 2000 年:ステートメント ピアスと代替素材の時代

20世紀には、当時の社会の変化を反映して、ピアスのスタイルやデザインに多くの変化が起こりました。

1800 年代後半と同様、20 世紀初頭のピアスはシンプルで控えめなものが多く、小さなスタッドやフープが最も人気のあるスタイルでした。しかし、世紀が進むにつれて、ピアスはより広範囲で華やかになり、1920 年代と 1930 年代には、ぶら下がりスタイルやシャンデリア ピアスが人気を博しました。

ジュエリーで好印象を与えることを重視

1960 年代から 1970 年代にかけて、ピアスはさらに表現力豊かになり、サイケデリックやヒッピーの動きにインスピレーションを得た大胆でカラフルなデザインが登場しました。

フープ ピアスもこの時期に人気を取り戻し、複数個着用されることが多く、鼻輪やブレスレットなどの他のジュエリーと組み合わせられることもありました。

1980 年代と 1990 年代においても、ピアスは引き続き重要なファッション アクセサリーであり、ショルダー ダスターやイヤー カフなどのステートメント スタイルが人気を博しました。

1900 年代からインスピレーションを得て、これらのゴージャスなピアスで自分らしいスタイルを作りましょう:

流れ星シャンデリアピアス

流れ星のシャンデリア ピアス – €114.95 EUR

ゴールドのチャンキークリスタルハギーフープピアス

ゴールド分厚いクリスタルハギーフープピアス – €134.95 EUR

大きめのハート型フープピアス

大きなハート型フープピアス – €44.95 EUR

ゴールド トリプル バゲット バー ドロップ フープ ピアス

ゴールド トリプル バゲット バー ドロップ フープ ピアス – €104.95 EUR

21 世紀:ピアスは性別や年齢を問わず人気があり続けています

今日でもピアスはジュエリーとして愛され続けており、あらゆる好みや機会に合わせてさまざまなスタイルやデザインが揃っています。

ピアスの使用は、シンプルな装飾品から精密に作られた金属や宝石のデザインまで、歴史の中で進化してきました。今日のピアスは、現代ファッションの多様性と創造性を反映しています。

多くの文化において、ピアスは文化的、精神的に深い意味を持ち続け、アイデンティティや信仰の象徴として着用されています。また、ギフトとしても人気があり、誕生日、結婚式、休日などの特別な機会にピアスを贈ったりもらったりする人がたくさんいます。

シンプルなフープから精巧なシャンデリアまで、ピアスはその地味な起源から長い道のりを経て、今も大切にされ、真に時代を超越したアクセサリーであり続けています。

当社の幅広いレディース ピアスのセレクションは、服装にエレガントなタッチを加えたい方に最適です。私たちのサービスの概要は次のとおりです。

歴史的工芸品や宝飾品に関する幅広いオープンアクセス データを提供してくださったメトロポリタン美術館に感謝します。

今のところは、タイムスリップするこの視覚体験を読んで参加し、ピアスの歴史について学んでいただきありがとうございます。

関連記事

絶対持っておきたいトレンディーなネックレス
絶対持っておきたいトレンディーなネックレス
今日はどんなタイプのネックレスが流行っているのか気になるなら、それは幸運です。この記事では、今年のファッショナブルな女性にとって必須の、最も人気があり、欲しいネックレスを明らかにします。 適切なネックレスを身に着けることは、あなたの見た目、感じ方、そして他の人があなたをどのように認識するかという点で大きな違いを生むことができます。 だからこそ、現...
続きを読む
プロフェッショナルな仕事スタイルに最適なイヤリング
プロフェッショナルな仕事スタイルに最適なイヤリング
仕事に最適なイヤリングをお探しですか? 役員室での会議からクライアントへのプレゼンテーションに至るまで、職場では洗練されてまとまっているように見えることが不可欠です。現代のプロフェッショナルとして、適切なアクセサリーが全体的な外観に大きな影響を与える可能性があることをご存知でしょう。 すべてのアクセサリーの中で、イヤリングは女性のオフィスの服装で...
続きを読む
ネックレス: 決定版ガイド
ネックレス: 決定版ガイド
ネックレスは、世界で最も人気のあるジュエリーのカテゴリーの 1 つです。 ジュエリーとネックレスの歴史ははるか昔に遡ります。実際、国際宝石協会によると、 最も古い宝飾品の発見はネックレスです。モナコの洞窟で発見された、約25,000年前の魚の骨で作られたシンプルなネックレスです。 ネックレスという言葉と、首にかける宝飾品という一般的な意味は誰もがよ...
続きを読む